SCROLL DOWN
ア ー カ イ ブ ズ
来て、見て、
感じて、
想いを馳せて。

伊勢神宮は、およそ1300年前から式年遷宮を続けています。内宮・外宮の正殿をはじめ、すべての別宮の社殿、さらに神さまに捧げる品々である御装束神宝を、20年に一度造り替えます。このわが国最大のお祭りには、限りある建造物を単にリセットするのではなく、日本の伝統的な精神文化や技術を後世に残して伝えていく役割も担っています。せんぐう館は、この式年遷宮に関する様々な情報を展示する博物館です。それは神さまを介した記録庫とも呼べるものでしょう。ぜひこの記録庫の一端に触れ、私たちの源流を見つめ直しながら、未来へと思いを馳せてみてください。