EVENT・EXHIBITION

催し事・企画展示

外宮及び、せんぐう館で行われる
祭典や催し企画展示などを
ご案内します。

※参拝時間内の祭典については、参道などから奉拝できます。
※参拝停止後の夜間の祭典については、奉拝できません。

催し事

この月に催し事はありません。

この月に催し事はありません。

この月に催し事はありません。

この月に催し事はありません。

この月に催し事はありません。

この月に催し事はありません。

この月に催し事はありません。

この月に催し事はありません。

この月に催し事はありません。

この月に催し事はありません。

この月に催し事はありません。

この月に催し事はありません。

企画展示

神宮125社―摂社・末社・所管社の遷座―
期間
令和2年4月1日〜令和3年3月31日(火)
場所
せんぐう館第7展示室
展示
・資料展示
「摂社・末社・所管社のちがい」
「遷座も20年に1度?」
「遷座の諸祭」
「本年度遷座予定神社」
 【修繕】
  3月遷座  田上大水神社
        田上大水御前神社
  7月遷座  棒原神社
  9月遷座  伊我理神社
  11月遷座 久具都比女神社
 【造替】
  5月遷座  志宝屋神社 
神宮の博物館
期間
令和2年4月1日〜令和3年3月31日(火)
場所
せんぐう館第8展示室
展示
黒柿大棗くろがきおおなつめ 作:川北良造かわきたりょうぞう(昭和9年~)

 

   
挽物で有名な石川県江沼郡山中町(加賀市)に生まれ、幼い頃から木工芸に触れて育つ。
木材を轆轤によって回転させ、それに刃物を当てて碗・鉢・盆等の丸い器物に成形する木工挽物技法を用いる。
平成6年に重要文化財「木工芸」保持者(人間国宝)に認定される。

銀彩松韻香爐ぎんさいしょういんこうろ 作:浅蔵五十吉あさくらいそきち(大正2年~平成10年)


   
石川県能美郡寺井町(能美市)に生まれ、10代の頃から陶芸家である父や初代德田八十吉に師事し色絵磁器を学ぶ。
九谷焼の伝統的な技法を基礎に、花鳥を主とする独特の意匠を施し、観賞性と実用性の両立に留意した制作を行う。
昭和34年日本藝術院会員、平成4年文化功労者。平成8年文化勲章授賞。

椿絵飾皿つばきえかざりざら 作:14代目今泉今衛門いまいずみいまえもん(昭和37年~)


   
佐賀県西松浦郡有田町に生まれる
江戸期より350年の伝統を持つ色鍋島の技法「墨はじき」を駆使して作品を作り続けている。
平成26年、当時陶芸分野では最年少の52歳で重要無形文化財「色絵磁器」保持者(人間国宝)に認定。

印譜集
「百鱗翁印譜集」ひゃくりんおういんぷしゅう 

「左洲印之調」さしゅういんのしらべ


   磯部百鱗いそべひゃくりん中村左洲なかむらさしゅうの印譜集。磯部百鱗は左洲の師にあたる。

*印譜とは
神宮徴古館での「神都の画人」展に展示している作品には印章(署名の印)が押されています。
自身の名や座右をアレンジ・デザインして作ることが多く、画家によってはたくさんの印章を使い分けています。それを印譜集として一冊の本にしている画人もいます。

左洲画帳さしゅうがちょう 作:中村左洲なかむらさしゅう(明治6年~昭和28年)

  
三重県度会郡二見市に生まれ、神宮宮掌を務めた四条派の画家磯部百鱗に学ぶ。
大正天皇御結婚25年に際して内宮・外宮・二見浦を描いた「天壌無窮」を制作し、神宮奉斎会より宮中へ献上される。
大正6年の第11回文展には「群がれる鯛」が入選して「鯛の左洲」と呼ばれる。
 

 

神宮125社―摂社・末社・所管社の遷座―
期間
令和2年4月1日〜令和3年3月31日(火)
場所
せんぐう館第7展示室
展示
・資料展示
「摂社・末社・所管社のちがい」
「遷座も20年に1度?」
「遷座の諸祭」
「本年度遷座予定神社」
 【修繕】
  3月遷座  田上大水神社
        田上大水御前神社
  7月遷座  棒原神社
  9月遷座  伊我理神社
  11月遷座 久具都比女神社
 【造替】
  5月遷座  志宝屋神社 
神宮の博物館
期間
令和2年4月1日〜令和3年3月31日(火)
場所
せんぐう館第8展示室
展示
黒柿大棗くろがきおおなつめ 作:川北良造かわきたりょうぞう(昭和9年~)

 

   
挽物で有名な石川県江沼郡山中町(加賀市)に生まれ、幼い頃から木工芸に触れて育つ。
木材を轆轤によって回転させ、それに刃物を当てて碗・鉢・盆等の丸い器物に成形する木工挽物技法を用いる。
平成6年に重要文化財「木工芸」保持者(人間国宝)に認定される。

銀彩松韻香爐ぎんさいしょういんこうろ 作:浅蔵五十吉あさくらいそきち(大正2年~平成10年)


   
石川県能美郡寺井町(能美市)に生まれ、10代の頃から陶芸家である父や初代德田八十吉に師事し色絵磁器を学ぶ。
九谷焼の伝統的な技法を基礎に、花鳥を主とする独特の意匠を施し、観賞性と実用性の両立に留意した制作を行う。
昭和34年日本藝術院会員、平成4年文化功労者。平成8年文化勲章授賞。

椿絵飾皿つばきえかざりざら 作:14代目今泉今衛門いまいずみいまえもん(昭和37年~)


   
佐賀県西松浦郡有田町に生まれる
江戸期より350年の伝統を持つ色鍋島の技法「墨はじき」を駆使して作品を作り続けている。
平成26年、当時陶芸分野では最年少の52歳で重要無形文化財「色絵磁器」保持者(人間国宝)に認定。

印譜集
「百鱗翁印譜集」ひゃくりんおういんぷしゅう 

「左洲印之調」さしゅういんのしらべ


   磯部百鱗いそべひゃくりん中村左洲なかむらさしゅうの印譜集。磯部百鱗は左洲の師にあたる。

*印譜とは
神宮徴古館での「神都の画人」展に展示している作品には印章(署名の印)が押されています。
自身の名や座右をアレンジ・デザインして作ることが多く、画家によってはたくさんの印章を使い分けています。それを印譜集として一冊の本にしている画人もいます。

左洲画帳さしゅうがちょう 作:中村左洲なかむらさしゅう(明治6年~昭和28年)

  
三重県度会郡二見市に生まれ、神宮宮掌を務めた四条派の画家磯部百鱗に学ぶ。
大正天皇御結婚25年に際して内宮・外宮・二見浦を描いた「天壌無窮」を制作し、神宮奉斎会より宮中へ献上される。
大正6年の第11回文展には「群がれる鯛」が入選して「鯛の左洲」と呼ばれる。
 

 

神宮125社―摂社・末社・所管社の遷座―
期間
令和2年4月1日〜令和3年3月31日(火)
場所
せんぐう館第7展示室
展示
・資料展示
「摂社・末社・所管社のちがい」
「遷座も20年に1度?」
「遷座の諸祭」
「本年度遷座予定神社」
 【修繕】
  3月遷座  田上大水神社
        田上大水御前神社
  7月遷座  棒原神社
  9月遷座  伊我理神社
  11月遷座 久具都比女神社
 【造替】
  5月遷座  志宝屋神社 
神宮の博物館
期間
令和2年4月1日〜令和3年3月31日(火)
場所
せんぐう館第8展示室
展示
黒柿大棗くろがきおおなつめ 作:川北良造かわきたりょうぞう(昭和9年~)

 

   
挽物で有名な石川県江沼郡山中町(加賀市)に生まれ、幼い頃から木工芸に触れて育つ。
木材を轆轤によって回転させ、それに刃物を当てて碗・鉢・盆等の丸い器物に成形する木工挽物技法を用いる。
平成6年に重要文化財「木工芸」保持者(人間国宝)に認定される。

銀彩松韻香爐ぎんさいしょういんこうろ 作:浅蔵五十吉あさくらいそきち(大正2年~平成10年)


   
石川県能美郡寺井町(能美市)に生まれ、10代の頃から陶芸家である父や初代德田八十吉に師事し色絵磁器を学ぶ。
九谷焼の伝統的な技法を基礎に、花鳥を主とする独特の意匠を施し、観賞性と実用性の両立に留意した制作を行う。
昭和34年日本藝術院会員、平成4年文化功労者。平成8年文化勲章授賞。

椿絵飾皿つばきえかざりざら 作:14代目今泉今衛門いまいずみいまえもん(昭和37年~)


   
佐賀県西松浦郡有田町に生まれる
江戸期より350年の伝統を持つ色鍋島の技法「墨はじき」を駆使して作品を作り続けている。
平成26年、当時陶芸分野では最年少の52歳で重要無形文化財「色絵磁器」保持者(人間国宝)に認定。

印譜集
「百鱗翁印譜集」ひゃくりんおういんぷしゅう 

「左洲印之調」さしゅういんのしらべ


   磯部百鱗いそべひゃくりん中村左洲なかむらさしゅうの印譜集。磯部百鱗は左洲の師にあたる。

*印譜とは
神宮徴古館での「神都の画人」展に展示している作品には印章(署名の印)が押されています。
自身の名や座右をアレンジ・デザインして作ることが多く、画家によってはたくさんの印章を使い分けています。それを印譜集として一冊の本にしている画人もいます。

左洲画帳さしゅうがちょう 作:中村左洲なかむらさしゅう(明治6年~昭和28年)

  
三重県度会郡二見市に生まれ、神宮宮掌を務めた四条派の画家磯部百鱗に学ぶ。
大正天皇御結婚25年に際して内宮・外宮・二見浦を描いた「天壌無窮」を制作し、神宮奉斎会より宮中へ献上される。
大正6年の第11回文展には「群がれる鯛」が入選して「鯛の左洲」と呼ばれる。
 

 

神宮125社―摂社・末社・所管社の遷座―
期間
令和2年4月1日〜令和3年3月31日(火)
場所
せんぐう館第7展示室
展示
・資料展示
「摂社・末社・所管社のちがい」
「遷座も20年に1度?」
「遷座の諸祭」
「本年度遷座予定神社」
 【修繕】
  3月遷座  田上大水神社
        田上大水御前神社
  7月遷座  棒原神社
  9月遷座  伊我理神社
  11月遷座 久具都比女神社
 【造替】
  5月遷座  志宝屋神社 
神宮の博物館
期間
令和2年4月1日〜令和3年3月31日(火)
場所
せんぐう館第8展示室
展示
黒柿大棗くろがきおおなつめ 作:川北良造かわきたりょうぞう(昭和9年~)

 

   
挽物で有名な石川県江沼郡山中町(加賀市)に生まれ、幼い頃から木工芸に触れて育つ。
木材を轆轤によって回転させ、それに刃物を当てて碗・鉢・盆等の丸い器物に成形する木工挽物技法を用いる。
平成6年に重要文化財「木工芸」保持者(人間国宝)に認定される。

銀彩松韻香爐ぎんさいしょういんこうろ 作:浅蔵五十吉あさくらいそきち(大正2年~平成10年)


   
石川県能美郡寺井町(能美市)に生まれ、10代の頃から陶芸家である父や初代德田八十吉に師事し色絵磁器を学ぶ。
九谷焼の伝統的な技法を基礎に、花鳥を主とする独特の意匠を施し、観賞性と実用性の両立に留意した制作を行う。
昭和34年日本藝術院会員、平成4年文化功労者。平成8年文化勲章授賞。

椿絵飾皿つばきえかざりざら 作:14代目今泉今衛門いまいずみいまえもん(昭和37年~)


   
佐賀県西松浦郡有田町に生まれる
江戸期より350年の伝統を持つ色鍋島の技法「墨はじき」を駆使して作品を作り続けている。
平成26年、当時陶芸分野では最年少の52歳で重要無形文化財「色絵磁器」保持者(人間国宝)に認定。

印譜集
「百鱗翁印譜集」ひゃくりんおういんぷしゅう 

「左洲印之調」さしゅういんのしらべ


   磯部百鱗いそべひゃくりん中村左洲なかむらさしゅうの印譜集。磯部百鱗は左洲の師にあたる。

*印譜とは
神宮徴古館での「神都の画人」展に展示している作品には印章(署名の印)が押されています。
自身の名や座右をアレンジ・デザインして作ることが多く、画家によってはたくさんの印章を使い分けています。それを印譜集として一冊の本にしている画人もいます。

左洲画帳さしゅうがちょう 作:中村左洲なかむらさしゅう(明治6年~昭和28年)

  
三重県度会郡二見市に生まれ、神宮宮掌を務めた四条派の画家磯部百鱗に学ぶ。
大正天皇御結婚25年に際して内宮・外宮・二見浦を描いた「天壌無窮」を制作し、神宮奉斎会より宮中へ献上される。
大正6年の第11回文展には「群がれる鯛」が入選して「鯛の左洲」と呼ばれる。
 

 

神宮125社―摂社・末社・所管社の遷座―
期間
令和2年4月1日〜令和3年3月31日(火)
場所
せんぐう館第7展示室
展示
・資料展示
「摂社・末社・所管社のちがい」
「遷座も20年に1度?」
「遷座の諸祭」
「本年度遷座予定神社」
 【修繕】
  3月遷座  田上大水神社
        田上大水御前神社
  7月遷座  棒原神社
  9月遷座  伊我理神社
  11月遷座 久具都比女神社
 【造替】
  5月遷座  志宝屋神社 
神宮の博物館
期間
令和2年4月1日〜令和3年3月31日(火)
場所
せんぐう館第8展示室
展示
黒柿大棗くろがきおおなつめ 作:川北良造かわきたりょうぞう(昭和9年~)

 

   
挽物で有名な石川県江沼郡山中町(加賀市)に生まれ、幼い頃から木工芸に触れて育つ。
木材を轆轤によって回転させ、それに刃物を当てて碗・鉢・盆等の丸い器物に成形する木工挽物技法を用いる。
平成6年に重要文化財「木工芸」保持者(人間国宝)に認定される。

銀彩松韻香爐ぎんさいしょういんこうろ 作:浅蔵五十吉あさくらいそきち(大正2年~平成10年)


   
石川県能美郡寺井町(能美市)に生まれ、10代の頃から陶芸家である父や初代德田八十吉に師事し色絵磁器を学ぶ。
九谷焼の伝統的な技法を基礎に、花鳥を主とする独特の意匠を施し、観賞性と実用性の両立に留意した制作を行う。
昭和34年日本藝術院会員、平成4年文化功労者。平成8年文化勲章授賞。

椿絵飾皿つばきえかざりざら 作:14代目今泉今衛門いまいずみいまえもん(昭和37年~)


   
佐賀県西松浦郡有田町に生まれる
江戸期より350年の伝統を持つ色鍋島の技法「墨はじき」を駆使して作品を作り続けている。
平成26年、当時陶芸分野では最年少の52歳で重要無形文化財「色絵磁器」保持者(人間国宝)に認定。

印譜集
「百鱗翁印譜集」ひゃくりんおういんぷしゅう 

「左洲印之調」さしゅういんのしらべ


   磯部百鱗いそべひゃくりん中村左洲なかむらさしゅうの印譜集。磯部百鱗は左洲の師にあたる。

*印譜とは
神宮徴古館での「神都の画人」展に展示している作品には印章(署名の印)が押されています。
自身の名や座右をアレンジ・デザインして作ることが多く、画家によってはたくさんの印章を使い分けています。それを印譜集として一冊の本にしている画人もいます。

左洲画帳さしゅうがちょう 作:中村左洲なかむらさしゅう(明治6年~昭和28年)

  
三重県度会郡二見市に生まれ、神宮宮掌を務めた四条派の画家磯部百鱗に学ぶ。
大正天皇御結婚25年に際して内宮・外宮・二見浦を描いた「天壌無窮」を制作し、神宮奉斎会より宮中へ献上される。
大正6年の第11回文展には「群がれる鯛」が入選して「鯛の左洲」と呼ばれる。
 

 

神宮125社―摂社・末社・所管社の遷座―
期間
令和2年4月1日〜令和3年3月31日(火)
場所
せんぐう館第7展示室
展示
・資料展示
「摂社・末社・所管社のちがい」
「遷座も20年に1度?」
「遷座の諸祭」
「本年度遷座予定神社」
 【修繕】
  3月遷座  田上大水神社
        田上大水御前神社
  7月遷座  棒原神社
  9月遷座  伊我理神社
  11月遷座 久具都比女神社
 【造替】
  5月遷座  志宝屋神社 
神宮の博物館
期間
令和2年4月1日〜令和3年3月31日(火)
場所
せんぐう館第8展示室
展示
黒柿大棗くろがきおおなつめ 作:川北良造かわきたりょうぞう(昭和9年~)

 

   
挽物で有名な石川県江沼郡山中町(加賀市)に生まれ、幼い頃から木工芸に触れて育つ。
木材を轆轤によって回転させ、それに刃物を当てて碗・鉢・盆等の丸い器物に成形する木工挽物技法を用いる。
平成6年に重要文化財「木工芸」保持者(人間国宝)に認定される。

銀彩松韻香爐ぎんさいしょういんこうろ 作:浅蔵五十吉あさくらいそきち(大正2年~平成10年)


   
石川県能美郡寺井町(能美市)に生まれ、10代の頃から陶芸家である父や初代德田八十吉に師事し色絵磁器を学ぶ。
九谷焼の伝統的な技法を基礎に、花鳥を主とする独特の意匠を施し、観賞性と実用性の両立に留意した制作を行う。
昭和34年日本藝術院会員、平成4年文化功労者。平成8年文化勲章授賞。

椿絵飾皿つばきえかざりざら 作:14代目今泉今衛門いまいずみいまえもん(昭和37年~)


   
佐賀県西松浦郡有田町に生まれる
江戸期より350年の伝統を持つ色鍋島の技法「墨はじき」を駆使して作品を作り続けている。
平成26年、当時陶芸分野では最年少の52歳で重要無形文化財「色絵磁器」保持者(人間国宝)に認定。

印譜集
「百鱗翁印譜集」ひゃくりんおういんぷしゅう 

「左洲印之調」さしゅういんのしらべ


   磯部百鱗いそべひゃくりん中村左洲なかむらさしゅうの印譜集。磯部百鱗は左洲の師にあたる。

*印譜とは
神宮徴古館での「神都の画人」展に展示している作品には印章(署名の印)が押されています。
自身の名や座右をアレンジ・デザインして作ることが多く、画家によってはたくさんの印章を使い分けています。それを印譜集として一冊の本にしている画人もいます。

左洲画帳さしゅうがちょう 作:中村左洲なかむらさしゅう(明治6年~昭和28年)

  
三重県度会郡二見市に生まれ、神宮宮掌を務めた四条派の画家磯部百鱗に学ぶ。
大正天皇御結婚25年に際して内宮・外宮・二見浦を描いた「天壌無窮」を制作し、神宮奉斎会より宮中へ献上される。
大正6年の第11回文展には「群がれる鯛」が入選して「鯛の左洲」と呼ばれる。
 

 

神宮125社―摂社・末社・所管社の遷座―
期間
令和2年4月1日〜令和3年3月31日(火)
場所
せんぐう館第7展示室
展示
・資料展示
「摂社・末社・所管社のちがい」
「遷座も20年に1度?」
「遷座の諸祭」
「本年度遷座予定神社」
 【修繕】
  3月遷座  田上大水神社
        田上大水御前神社
  7月遷座  棒原神社
  9月遷座  伊我理神社
  11月遷座 久具都比女神社
 【造替】
  5月遷座  志宝屋神社 
神宮の博物館
期間
令和2年4月1日〜令和3年3月31日(火)
場所
せんぐう館第8展示室
展示
黒柿大棗くろがきおおなつめ 作:川北良造かわきたりょうぞう(昭和9年~)

 

   
挽物で有名な石川県江沼郡山中町(加賀市)に生まれ、幼い頃から木工芸に触れて育つ。
木材を轆轤によって回転させ、それに刃物を当てて碗・鉢・盆等の丸い器物に成形する木工挽物技法を用いる。
平成6年に重要文化財「木工芸」保持者(人間国宝)に認定される。

銀彩松韻香爐ぎんさいしょういんこうろ 作:浅蔵五十吉あさくらいそきち(大正2年~平成10年)


   
石川県能美郡寺井町(能美市)に生まれ、10代の頃から陶芸家である父や初代德田八十吉に師事し色絵磁器を学ぶ。
九谷焼の伝統的な技法を基礎に、花鳥を主とする独特の意匠を施し、観賞性と実用性の両立に留意した制作を行う。
昭和34年日本藝術院会員、平成4年文化功労者。平成8年文化勲章授賞。

椿絵飾皿つばきえかざりざら 作:14代目今泉今衛門いまいずみいまえもん(昭和37年~)


   
佐賀県西松浦郡有田町に生まれる
江戸期より350年の伝統を持つ色鍋島の技法「墨はじき」を駆使して作品を作り続けている。
平成26年、当時陶芸分野では最年少の52歳で重要無形文化財「色絵磁器」保持者(人間国宝)に認定。

印譜集
「百鱗翁印譜集」ひゃくりんおういんぷしゅう 

「左洲印之調」さしゅういんのしらべ


   磯部百鱗いそべひゃくりん中村左洲なかむらさしゅうの印譜集。磯部百鱗は左洲の師にあたる。

*印譜とは
神宮徴古館での「神都の画人」展に展示している作品には印章(署名の印)が押されています。
自身の名や座右をアレンジ・デザインして作ることが多く、画家によってはたくさんの印章を使い分けています。それを印譜集として一冊の本にしている画人もいます。

左洲画帳さしゅうがちょう 作:中村左洲なかむらさしゅう(明治6年~昭和28年)

  
三重県度会郡二見市に生まれ、神宮宮掌を務めた四条派の画家磯部百鱗に学ぶ。
大正天皇御結婚25年に際して内宮・外宮・二見浦を描いた「天壌無窮」を制作し、神宮奉斎会より宮中へ献上される。
大正6年の第11回文展には「群がれる鯛」が入選して「鯛の左洲」と呼ばれる。
 

 

神宮125社―摂社・末社・所管社の遷座―
期間
令和2年4月1日〜令和3年3月31日(火)
場所
せんぐう館第7展示室
展示
・資料展示
「摂社・末社・所管社のちがい」
「遷座も20年に1度?」
「遷座の諸祭」
「本年度遷座予定神社」
 【修繕】
  3月遷座  田上大水神社
        田上大水御前神社
  7月遷座  棒原神社
  9月遷座  伊我理神社
  11月遷座 久具都比女神社
 【造替】
  5月遷座  志宝屋神社 
神宮の博物館
期間
令和2年4月1日〜令和3年3月31日(火)
場所
せんぐう館第8展示室
展示
黒柿大棗くろがきおおなつめ 作:川北良造かわきたりょうぞう(昭和9年~)

 

   
挽物で有名な石川県江沼郡山中町(加賀市)に生まれ、幼い頃から木工芸に触れて育つ。
木材を轆轤によって回転させ、それに刃物を当てて碗・鉢・盆等の丸い器物に成形する木工挽物技法を用いる。
平成6年に重要文化財「木工芸」保持者(人間国宝)に認定される。

銀彩松韻香爐ぎんさいしょういんこうろ 作:浅蔵五十吉あさくらいそきち(大正2年~平成10年)


   
石川県能美郡寺井町(能美市)に生まれ、10代の頃から陶芸家である父や初代德田八十吉に師事し色絵磁器を学ぶ。
九谷焼の伝統的な技法を基礎に、花鳥を主とする独特の意匠を施し、観賞性と実用性の両立に留意した制作を行う。
昭和34年日本藝術院会員、平成4年文化功労者。平成8年文化勲章授賞。

椿絵飾皿つばきえかざりざら 作:14代目今泉今衛門いまいずみいまえもん(昭和37年~)


   
佐賀県西松浦郡有田町に生まれる
江戸期より350年の伝統を持つ色鍋島の技法「墨はじき」を駆使して作品を作り続けている。
平成26年、当時陶芸分野では最年少の52歳で重要無形文化財「色絵磁器」保持者(人間国宝)に認定。

印譜集
「百鱗翁印譜集」ひゃくりんおういんぷしゅう 

「左洲印之調」さしゅういんのしらべ


   磯部百鱗いそべひゃくりん中村左洲なかむらさしゅうの印譜集。磯部百鱗は左洲の師にあたる。

*印譜とは
神宮徴古館での「神都の画人」展に展示している作品には印章(署名の印)が押されています。
自身の名や座右をアレンジ・デザインして作ることが多く、画家によってはたくさんの印章を使い分けています。それを印譜集として一冊の本にしている画人もいます。

左洲画帳さしゅうがちょう 作:中村左洲なかむらさしゅう(明治6年~昭和28年)

  
三重県度会郡二見市に生まれ、神宮宮掌を務めた四条派の画家磯部百鱗に学ぶ。
大正天皇御結婚25年に際して内宮・外宮・二見浦を描いた「天壌無窮」を制作し、神宮奉斎会より宮中へ献上される。
大正6年の第11回文展には「群がれる鯛」が入選して「鯛の左洲」と呼ばれる。
 

 

神宮125社―摂社・末社・所管社の遷座―
期間
令和2年4月1日〜令和3年3月31日(火)
場所
せんぐう館第7展示室
展示
・資料展示
「摂社・末社・所管社のちがい」
「遷座も20年に1度?」
「遷座の諸祭」
「本年度遷座予定神社」
 【修繕】
  3月遷座  田上大水神社
        田上大水御前神社
  7月遷座  棒原神社
  9月遷座  伊我理神社
  11月遷座 久具都比女神社
 【造替】
  5月遷座  志宝屋神社 
神宮の博物館
期間
令和2年4月1日〜令和3年3月31日(火)
場所
せんぐう館第8展示室
展示
黒柿大棗くろがきおおなつめ 作:川北良造かわきたりょうぞう(昭和9年~)

 

   
挽物で有名な石川県江沼郡山中町(加賀市)に生まれ、幼い頃から木工芸に触れて育つ。
木材を轆轤によって回転させ、それに刃物を当てて碗・鉢・盆等の丸い器物に成形する木工挽物技法を用いる。
平成6年に重要文化財「木工芸」保持者(人間国宝)に認定される。

銀彩松韻香爐ぎんさいしょういんこうろ 作:浅蔵五十吉あさくらいそきち(大正2年~平成10年)


   
石川県能美郡寺井町(能美市)に生まれ、10代の頃から陶芸家である父や初代德田八十吉に師事し色絵磁器を学ぶ。
九谷焼の伝統的な技法を基礎に、花鳥を主とする独特の意匠を施し、観賞性と実用性の両立に留意した制作を行う。
昭和34年日本藝術院会員、平成4年文化功労者。平成8年文化勲章授賞。

椿絵飾皿つばきえかざりざら 作:14代目今泉今衛門いまいずみいまえもん(昭和37年~)


   
佐賀県西松浦郡有田町に生まれる
江戸期より350年の伝統を持つ色鍋島の技法「墨はじき」を駆使して作品を作り続けている。
平成26年、当時陶芸分野では最年少の52歳で重要無形文化財「色絵磁器」保持者(人間国宝)に認定。

印譜集
「百鱗翁印譜集」ひゃくりんおういんぷしゅう 

「左洲印之調」さしゅういんのしらべ


   磯部百鱗いそべひゃくりん中村左洲なかむらさしゅうの印譜集。磯部百鱗は左洲の師にあたる。

*印譜とは
神宮徴古館での「神都の画人」展に展示している作品には印章(署名の印)が押されています。
自身の名や座右をアレンジ・デザインして作ることが多く、画家によってはたくさんの印章を使い分けています。それを印譜集として一冊の本にしている画人もいます。

左洲画帳さしゅうがちょう 作:中村左洲なかむらさしゅう(明治6年~昭和28年)

  
三重県度会郡二見市に生まれ、神宮宮掌を務めた四条派の画家磯部百鱗に学ぶ。
大正天皇御結婚25年に際して内宮・外宮・二見浦を描いた「天壌無窮」を制作し、神宮奉斎会より宮中へ献上される。
大正6年の第11回文展には「群がれる鯛」が入選して「鯛の左洲」と呼ばれる。
 

 

神宮125社―摂社・末社・所管社の遷座―
期間
令和2年4月1日〜令和3年3月31日(火)
場所
せんぐう館第7展示室
展示
・資料展示
「摂社・末社・所管社のちがい」
「遷座も20年に1度?」
「遷座の諸祭」
「本年度遷座予定神社」
 【修繕】
  3月遷座  田上大水神社
        田上大水御前神社
  7月遷座  棒原神社
  9月遷座  伊我理神社
  11月遷座 久具都比女神社
 【造替】
  5月遷座  志宝屋神社 
神宮の博物館
期間
令和2年4月1日〜令和3年3月31日(火)
場所
せんぐう館第8展示室
展示
黒柿大棗くろがきおおなつめ 作:川北良造かわきたりょうぞう(昭和9年~)

 

   
挽物で有名な石川県江沼郡山中町(加賀市)に生まれ、幼い頃から木工芸に触れて育つ。
木材を轆轤によって回転させ、それに刃物を当てて碗・鉢・盆等の丸い器物に成形する木工挽物技法を用いる。
平成6年に重要文化財「木工芸」保持者(人間国宝)に認定される。

銀彩松韻香爐ぎんさいしょういんこうろ 作:浅蔵五十吉あさくらいそきち(大正2年~平成10年)


   
石川県能美郡寺井町(能美市)に生まれ、10代の頃から陶芸家である父や初代德田八十吉に師事し色絵磁器を学ぶ。
九谷焼の伝統的な技法を基礎に、花鳥を主とする独特の意匠を施し、観賞性と実用性の両立に留意した制作を行う。
昭和34年日本藝術院会員、平成4年文化功労者。平成8年文化勲章授賞。

椿絵飾皿つばきえかざりざら 作:14代目今泉今衛門いまいずみいまえもん(昭和37年~)


   
佐賀県西松浦郡有田町に生まれる
江戸期より350年の伝統を持つ色鍋島の技法「墨はじき」を駆使して作品を作り続けている。
平成26年、当時陶芸分野では最年少の52歳で重要無形文化財「色絵磁器」保持者(人間国宝)に認定。

印譜集
「百鱗翁印譜集」ひゃくりんおういんぷしゅう 

「左洲印之調」さしゅういんのしらべ


   磯部百鱗いそべひゃくりん中村左洲なかむらさしゅうの印譜集。磯部百鱗は左洲の師にあたる。

*印譜とは
神宮徴古館での「神都の画人」展に展示している作品には印章(署名の印)が押されています。
自身の名や座右をアレンジ・デザインして作ることが多く、画家によってはたくさんの印章を使い分けています。それを印譜集として一冊の本にしている画人もいます。

左洲画帳さしゅうがちょう 作:中村左洲なかむらさしゅう(明治6年~昭和28年)

  
三重県度会郡二見市に生まれ、神宮宮掌を務めた四条派の画家磯部百鱗に学ぶ。
大正天皇御結婚25年に際して内宮・外宮・二見浦を描いた「天壌無窮」を制作し、神宮奉斎会より宮中へ献上される。
大正6年の第11回文展には「群がれる鯛」が入選して「鯛の左洲」と呼ばれる。
 

 

神宮125社―摂社・末社・所管社の遷座―
期間
令和2年4月1日〜令和3年3月31日(火)
場所
せんぐう館第7展示室
展示
・資料展示
「摂社・末社・所管社のちがい」
「遷座も20年に1度?」
「遷座の諸祭」
「本年度遷座予定神社」
 【修繕】
  3月遷座  田上大水神社
        田上大水御前神社
  7月遷座  棒原神社
  9月遷座  伊我理神社
  11月遷座 久具都比女神社
 【造替】
  5月遷座  志宝屋神社 
神宮の博物館
期間
令和2年4月1日〜令和3年3月31日(火)
場所
せんぐう館第8展示室
展示
黒柿大棗くろがきおおなつめ 作:川北良造かわきたりょうぞう(昭和9年~)

 

   
挽物で有名な石川県江沼郡山中町(加賀市)に生まれ、幼い頃から木工芸に触れて育つ。
木材を轆轤によって回転させ、それに刃物を当てて碗・鉢・盆等の丸い器物に成形する木工挽物技法を用いる。
平成6年に重要文化財「木工芸」保持者(人間国宝)に認定される。

銀彩松韻香爐ぎんさいしょういんこうろ 作:浅蔵五十吉あさくらいそきち(大正2年~平成10年)


   
石川県能美郡寺井町(能美市)に生まれ、10代の頃から陶芸家である父や初代德田八十吉に師事し色絵磁器を学ぶ。
九谷焼の伝統的な技法を基礎に、花鳥を主とする独特の意匠を施し、観賞性と実用性の両立に留意した制作を行う。
昭和34年日本藝術院会員、平成4年文化功労者。平成8年文化勲章授賞。

椿絵飾皿つばきえかざりざら 作:14代目今泉今衛門いまいずみいまえもん(昭和37年~)


   
佐賀県西松浦郡有田町に生まれる
江戸期より350年の伝統を持つ色鍋島の技法「墨はじき」を駆使して作品を作り続けている。
平成26年、当時陶芸分野では最年少の52歳で重要無形文化財「色絵磁器」保持者(人間国宝)に認定。

印譜集
「百鱗翁印譜集」ひゃくりんおういんぷしゅう 

「左洲印之調」さしゅういんのしらべ


   磯部百鱗いそべひゃくりん中村左洲なかむらさしゅうの印譜集。磯部百鱗は左洲の師にあたる。

*印譜とは
神宮徴古館での「神都の画人」展に展示している作品には印章(署名の印)が押されています。
自身の名や座右をアレンジ・デザインして作ることが多く、画家によってはたくさんの印章を使い分けています。それを印譜集として一冊の本にしている画人もいます。

左洲画帳さしゅうがちょう 作:中村左洲なかむらさしゅう(明治6年~昭和28年)

  
三重県度会郡二見市に生まれ、神宮宮掌を務めた四条派の画家磯部百鱗に学ぶ。
大正天皇御結婚25年に際して内宮・外宮・二見浦を描いた「天壌無窮」を制作し、神宮奉斎会より宮中へ献上される。
大正6年の第11回文展には「群がれる鯛」が入選して「鯛の左洲」と呼ばれる。
 

 

神宮125社―摂社・末社・所管社の遷座―
期間
令和2年4月1日〜令和3年3月31日(火)
場所
せんぐう館第7展示室
展示
・資料展示
「摂社・末社・所管社のちがい」
「遷座も20年に1度?」
「遷座の諸祭」
「本年度遷座予定神社」
 【修繕】
  3月遷座  田上大水神社
        田上大水御前神社
  7月遷座  棒原神社
  9月遷座  伊我理神社
  11月遷座 久具都比女神社
 【造替】
  5月遷座  志宝屋神社 
神宮の博物館
期間
令和2年4月1日〜令和3年3月31日(火)
場所
せんぐう館第8展示室
展示
黒柿大棗くろがきおおなつめ 作:川北良造かわきたりょうぞう(昭和9年~)

 

   
挽物で有名な石川県江沼郡山中町(加賀市)に生まれ、幼い頃から木工芸に触れて育つ。
木材を轆轤によって回転させ、それに刃物を当てて碗・鉢・盆等の丸い器物に成形する木工挽物技法を用いる。
平成6年に重要文化財「木工芸」保持者(人間国宝)に認定される。

銀彩松韻香爐ぎんさいしょういんこうろ 作:浅蔵五十吉あさくらいそきち(大正2年~平成10年)


   
石川県能美郡寺井町(能美市)に生まれ、10代の頃から陶芸家である父や初代德田八十吉に師事し色絵磁器を学ぶ。
九谷焼の伝統的な技法を基礎に、花鳥を主とする独特の意匠を施し、観賞性と実用性の両立に留意した制作を行う。
昭和34年日本藝術院会員、平成4年文化功労者。平成8年文化勲章授賞。

椿絵飾皿つばきえかざりざら 作:14代目今泉今衛門いまいずみいまえもん(昭和37年~)


   
佐賀県西松浦郡有田町に生まれる
江戸期より350年の伝統を持つ色鍋島の技法「墨はじき」を駆使して作品を作り続けている。
平成26年、当時陶芸分野では最年少の52歳で重要無形文化財「色絵磁器」保持者(人間国宝)に認定。

印譜集
「百鱗翁印譜集」ひゃくりんおういんぷしゅう 

「左洲印之調」さしゅういんのしらべ


   磯部百鱗いそべひゃくりん中村左洲なかむらさしゅうの印譜集。磯部百鱗は左洲の師にあたる。

*印譜とは
神宮徴古館での「神都の画人」展に展示している作品には印章(署名の印)が押されています。
自身の名や座右をアレンジ・デザインして作ることが多く、画家によってはたくさんの印章を使い分けています。それを印譜集として一冊の本にしている画人もいます。

左洲画帳さしゅうがちょう 作:中村左洲なかむらさしゅう(明治6年~昭和28年)

  
三重県度会郡二見市に生まれ、神宮宮掌を務めた四条派の画家磯部百鱗に学ぶ。
大正天皇御結婚25年に際して内宮・外宮・二見浦を描いた「天壌無窮」を制作し、神宮奉斎会より宮中へ献上される。
大正6年の第11回文展には「群がれる鯛」が入選して「鯛の左洲」と呼ばれる。
 

 

催し事スケジュール

  • 外宮の祭典
  • せんぐう館の行事・催し