せんぐう館レポート

せんぐう館では年間多くのイベントを企画・実施しています。その内容について講義の概要と企画に参加いただいた皆様の感想を交えて紹介します。伊勢参宮により深い感動を与える当館の活動を知っていただくきっかけとなれば幸いです。

伊勢と神宮 伝統文化体験教室が開催されました

最終更新日:平成24年08月28日08時25分

8月22日 伊勢神宮崇敬会が主催する青少年育成事業「伊勢と神宮 伝統文化体験教室」が行われ、
当館職員が講師としてせんぐう館のガイドと「塩の結晶実験」を指導しました。
内容は二見浦で海水を採取し、これを煮詰めて濃い塩水を作る。
さらに色画用紙に吹きかけて、ドライヤーで乾燥して結晶を得るという方法です
我が国の伝統的な塩づくりが、先人の創意と工夫で成し遂げられきたこと
塩を得ることに多くの”力”を必要とするかということを知っていただく機会となりました

夏休み親子参宮団(福島県から)

最終更新日:平成24年08月24日13時18分

8月21日 福島県神社庁の親子参宮団が来館されました。
夏休みも終わりに近い中、100名を超える一団でお越しいただき、熱心にメモをとりながら神宮や遷宮について学んでいただきました。

平成24年8月 子供三面獅子舞が奉納されました

最終更新日:平成24年08月19日15時18分

8月19日午前11時より和歌山県・宮原芸能保存会、多喜祭会の皆様による子供三面獅子舞が外宮まがたま池奉納舞台で催されました
里に現れた獅子(魔物)をオニとワニが退治する物語で、
子供たちは古風な所作で勇壮に舞っていました

平成24年8月 せんぐう館 夜の特別開館(その3)

最終更新日:平成24年08月19日14時59分

8月18日 入館時間を延長して「せんぐう館 夜の特別開館」を実施しました
報道をきっかけに、興味を持たれた方が多く来館されました
夜に行っている特別ガイドは、そもそも通常は行わない解説を聞くことができます
また「夜」にテーマを設けていますので、普段とは違うせんぐう館を感じていただけます

次回は8月25日(土)に開催します

夏休み親子参宮団(岡山県から)

最終更新日:平成24年08月18日17時07分

8月18日 岡山県神社庁の親子参宮団44名が来館されました
残暑が厳しい日でしたが、疲れも見せず興味深そうに説明を聞いていました

夏休み親子参宮団(岐阜県から)

最終更新日:平成24年08月18日16時58分

8月16日 岐阜県神社庁の親子参宮団45名が来館されました
精巧に再現された渡御の御列模型を目の前に
職員のフロアガイドと検索端末から得た情報をもとに
懸命に学び取ろうとする意欲が見られました

せんぐう館レポートvol.1

最終更新日:平成24年08月13日10時16分

平成24年4月せんぐう館が開館し、記念式典を行いました。この他、開館を奉祝して行われた様々な催しについてまとめました。
PDFダウンロード

平成24年8月 せんぐう館 夜の特別開館(その2)

最終更新日:平成24年08月11日20時14分

8月11日 入館時間を延長して「せんぐう館 夜の特別開館」を実施しました
あいにくの天気でしたが、
遠方よりお越しいただいた方や
夏休みの自由研究のためにあえてこの時間にお越しいただいた方など
多くの期待に応える事ができました

次回は8月18日(土)に開催します

第11回神社スカウト全国大会参加者の見学

最終更新日:平成24年08月8日09時41分

「全国神社スカウト協議会」は、神社を母体とするボーイスカウト・ガールスカウトで組織され、スカウト活動を通じて将来を担う青少年の健全育成を推進する目的で活動しています
およそ5年に一度伊勢の地で開催される神社スカウト全国大会(神S大会)は、禊や参拝行進、史跡探訪や選択プログラムなどを通じて、信仰や友情を深めるとともに、日頃の訓練の成果を発揮する機会です
その参加者が当館を見学し、神宮と式年遷宮を学んでいます。

10万人目の来館者です

最終更新日:平成24年08月7日09時03分

8月6日 せんぐう館の開館から118日目に10万人目の入館者をお迎えしました
10万人目は名古屋にお住まいの小林様です
現在単身赴任中であり、夏休みになったので関東からご家族を呼び、
両宮参拝と伊勢・鳥羽を観光する途中だったとのことでした
来館のきっかけは、パンフレットの記事と観光タクシーの運転手から聞いた
当館の評判だったそうです

写真は石垣主幹より記念品をお渡ししているところです