せんぐう館レポート

せんぐう館では年間多くのイベントを企画・実施しています。その内容について講義の概要と企画に参加いただいた皆様の感想を交えて紹介します。伊勢参宮により深い感動を与える当館の活動を知っていただくきっかけとなれば幸いです。

平成24年5月 講座を開催しました

最終更新日:平成24年05月7日17時30分

5月6日 せんぐう館企画講座「遷宮を伝える」を開催しました
当館で初めての企画講座でしたが、定員一杯となりました
講座では「式年遷宮とは何か」と題し、神宮式年遷宮について当館職員の講話と館内ガイド、正宮参拝を行いました

これからもテーマを変えて開催しますので、聴講をご希望の方は年間スケジュールをご覧ください

せんぐう館の四季だより~菖蒲苑

最終更新日:平成24年05月6日09時17分

カキツバタまがたま池のカキツバタが花をつけました。
これから本格的な開花の季節を迎えます。
多くの花が咲くことを期待しています。

せんぐう館の四季だより~風薫る季節となりました

最終更新日:平成24年05月5日09時13分

平成24年5月大型連休を迎えて、多くの参拝者の関心をとらえ、これまで3万人以上来館いただきました。
また5月4日(金)には一日あたりの入館者の最高記録を更新しました。
本日5月5日は神宮児童福祉祭が行われ、恒例の鯉のぼりが授与されました。

奉祝舞楽・奉納行事(4月15日)

最終更新日:平成24年04月16日18時41分

神宮楽師による奉祝舞楽くまの天女座・矢吹紫帆氏による天女座コンサート午前11時より神宮楽師による奉祝舞楽が奏されました。曲目は「胡飲酒(こんじゅ)と抜頭(ばとう)でした。
午後1時よりくまの天女座・矢吹紫帆氏による天女座コンサートが奉納されました。

呈茶席が設けられました

最終更新日:平成24年04月16日18時37分

伊勢茶道協会の奉仕による呈茶席4月14日・15日両日に伊勢茶道協会の奉仕による呈茶席が設けられました。呈茶席は休憩所席とまがたま池の菖蒲苑席がありました。せんぐう館の入館者200名に一客一亭でおもてなしし、外宮のまがたま池にちなんだ紅白の干菓子をお召し上がりいただきました。

最終更新日:平成24年04月16日18時37分

まがたま池を模した干菓子外宮の宮域にあるまがたま池を模した上品な干菓子です。材料は和三盆で薄紅色と白色の二色あります。三分(およそ9ミリ)の径八分(およそ25ミリ)のまがたま型。紐を通す穴まで表現されていて凹みもあります。口中に含むとその溶け具合が堪らぬもので、意匠・風味・色合いと三拍子揃った干菓子となっています。